施工事例

2020.02.26

【2020年1月】豊中市 T様邸 瓦屋根 片面補修工事

台風被害にあった屋根の漆喰の詰め直し、瓦の葺き直し

工事内容:瓦屋根補修工事


台風は、広範囲にかつ大きな被害をもたらす災害の代表格です。
台風の影響で、屋根は強い風に煽られ飛散したり、風と一緒に吹き込んだ雨が屋根の中まで入りこんだりと、数多くの事例が報告されています。

屋根瓦が経年劣化と風被害により棟瓦の漆喰の中の土が流出しまったお家の屋根葺き替え工事をご紹介していきます。


施工の概要
画像


お客様より台風で屋根瓦が落ちてきたので見て欲しいと問い合わせがありお話しをお伺いすると平部の瓦が散乱して落下し、崩れている部分から雨漏りが心配だそうです。

お伺いして調査したところ、平部の瓦が吹き飛んだままで、土葺きは風雨で流され2メートルぐらい野地から浸水が見受けられます。
崩れた瓦は、ほとんど屋根の上にあったそうですが、落ちてきた瓦は割れたそうです。

被害は平部片面に集中してましたので、ご提案の工事としては屋根の片面の野地張り替え、傷んだ桟瓦差し替え、漆喰詰め増し工事をおすすめ致しました。



■桟瓦が2メートルぐらい崩れています。この辺りはかなり風が強かったみたいです

施工中の様子
画像


今回は片面平部の瓦を全て捲ってルーフィングを広めに張り替えします。 下地の野地板は傷んでしまってるので全面施工と判断しました。

棟を取り外し冠瓦を壊れないように外して中の葺き土を撤去します。 雨漏りが大棟からも浸水の可能性が濃厚であったので棟を取り直して下地を換えまた積んでいきます。

積み直したら改めて面土や鬼巻の漆喰を仕上げます。


■まずは足場の設置作業から始めます
■古い瓦をめくって撤去する作業になります
■葺き土と古い防水シート、瓦桟を撤去して屋根から降ろして処分場へ運搬します
■破損した下地の野地板は撤去して新規で野地板と化粧板を取り付け
■品質の高い改質アスファルトルーフィング敷布後、新規に瓦桟を設置
■瓦桟木を設置し瓦の復旧を行います
■瓦は全数留め付けを行い瓦桟に固定します
■棟に粘り気のある新しい下地の土を盛り漆喰を乗せて熨斗瓦を積んでいきます
■強度を出す為に熨斗瓦の間に詰めた漆喰に瓦を入れます
■葺き土の面をコテなどで平らにして湿らせた後、漆喰を均一に塗り込んでいきます

完工(工事完了)
画像



昔ながらの和瓦は、瓦自体の耐久年数も長く50年~100年もつと言われています。
しかし、災害や日々の劣化で漆喰やコーキングなどは劣化していきますので、定期的なメンテナンスが必要になってきます。
お客様にも「すぐ対応してくれて助かった」と喜んで頂きとても嬉しく思いました。






お客様のお住まいの状況は、多種多様ですので、お困りごともいろいろとあります。
現地調査、御見積、プランニング等 無料にて承らせていただいております。

マイホームの内装の劣化が気になったり、デザインを一新したいと思っていたりする方はぜひトラストワンにご相談ください!


■新しく棟瓦を番線で巻き作業完了
■破損した平部の片面のみ補修施工。左が葺直し平場、右は元来の平場
■壊れて無い片面平部も瓦の接合部には浸水防止のシーリングを施工





≪ 一覧へ戻る
トラストワンのロゴ
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3丁目11-10 201
tel:0120-947-848
営業時間 9:00~18:00(日祝を除く)
お問い合わせ
簡単無料見積り
ユーエヌエイチシーアール ピンクリボン 子ども地球基金 赤い羽根共同募金
Page Top